アクティブニュース

全てみる

OASA MOBILITY STASION(OMS)オープン!(北広島町商工会)

[自転車のレンタル、メンテナンスもできるサイクルステーション。見どころ満載のツアーも企画]

事業所・店舗紹介

北広島町 商工会

自転車のレンタルからメンテナンスまでおまかせ

 2021年3月、サイクルステーションとバス停が融合した「OASA MOBILITY STASION(オオアサ モビリティ ステーション 以下OMS)」がオープンしました。施設では、給水ボトルへの飲み水や自転車の空気入れ、メンテナンス工具を用意。パンク用のパーツも販売しています。スポーツタイプ12台、シティータイプ3台のレンタルサイクルもあり、サイクリング初心者から上級者まで幅広く利用できる施設です。

 

 「川遊びをしたい!」「お花見をしたい」「史跡を巡りたい」など、大朝の魅力を詰め込んだオリジナルコースの提案も可能。ガイドも務める駅長の田川享さんは、「ご要望に合わせて、大朝の自然が満喫できるコースをご紹介します。大朝にはまだ知られていない素晴らしい景観がたくさんあります。これからの季節は最高ですよ!」と話します。ツアーは2日前までの要予約。HPまたは電話で受け付けています。

 

 さらに、ひたすら加計山(標高752m)を自転車でのぼる「ヒルチャレ」(参加費500円)も開催中。OMSから約2.5km走ったところにあるスタート地点から加計山山頂までを自転車で走り、サイクルコンピューター(セルフ)でタイムを計測。ヒルクライムのタイムトライアルとしてちょうどいいコースで、トレーニングや本気のタイムトライアルにも挑戦できます。

 

「VICTOIRE HIROSHIMA」と開催した「GOGOサイクリングfrom大朝」。たくさんの人が集まり、大いに盛り上がりました

 様々なイベントも企画予定。3月21日には、広島のプロ自転車ロードレースチーム「VICTOIRE HIROSHIMA」と共同企画でイベントを開催しました。雨の中、多くの人が来場し、プロの技を間近で堪能。今後もプロチームとの連携したイベントや多彩なアクティビティ、コンテンツを提供していく予定です。

 

 OMSのある大朝駅は、もともと町の管理する施設。10年ほど前までは、島根県と広島市内を結ぶ交通の要として多くの人が利用していました。利用者が減少し駅の廃止が検討される中、「町の交通会社として地域の活性化に貢献したい!」と地元の大朝交通が業務委託業者に名乗りを上げました。「地域の旅行会社、バス会社として、どうやったら有名な観光地のない大朝に人を呼び込めるのか。そこで着目したのが、大朝の大自然を最大限に活かせるサイクリングでした」と代表取締役の堀田高広さん。「田舎だからこそ、人が移動する仕組みづくりが大切。そこを構築していくのが私たちの使命だと思っています」と力強く語ってくれました。

 

 これからは新緑、夏は川遊び、秋は紅葉。四季折々の表情を見せる大朝の大自然をサイクリングで満喫してみませんか?

 

○OASA MOBILITY STASION(オオアサモビリティステーション)

住所/山県郡北広島町大朝2513-1

TEL/0826-82-7008(大朝交通)

営業時間/9:00~17:00

休み/木曜

HP/https://www.oasabus.com/oms/