アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-有限会社安芸企画(安芸高田市商工会)

[足場工事のスペシャリストとして30年。新規事業参入で収益強化と生涯雇用を目指す!]

事業所・店舗紹介

安芸高田市 商工会

複雑な地形に沿いながら設置される足場はもはや芸術品

 安芸高田市に事業所を構える安芸企画は住宅分野、土木建築分野で足場の設置や撤去工事を行っている企業。住宅分野では安芸高田市や近隣市町の新築・やリフォーム工事に必要な足場を設置。土木建築分野では、中四国地方を中心に公共工事の法面工事現場における足場設置工事を担当しています。

 

 創業から30年間、足場設置の専門事業所として技術やノウハウを蓄積してきた同社。特に現場ごとに斜面や施工下地の材質(コンクリートや土、岩場など)が異なる難工事である法面工事の防災工事においては、安全性の高い足場設置技術を独自に開発するなど、オンリーワンのサービスを提供しています。その仕事ぶりは高い評価を得て、法面工事の施工事業者との信頼関係を気づき、県内NO.1のシェアを誇る企業へと成長しました。

 

 そんな同社がこれまでの経験を活かして新しい事業に挑戦しようとしています。法面落石防護工事の主な流れは足場設置工事を行った後、アンカー専門業者がロックネットを固定するためのアンカーを設置。元請け事業者が落石防護ネット(ロックネット)を取り付け、足場撤去工事を行って完了します。近年増加する法面落石防護工事ですが、アンカー工事を担当する専門事業者が県内に3社しかなく、多くの現場でアンカー工事待ちが発生している状況。また、工程の最初と最後を担当する同社は、他の事業者のペースに合わせるため、時間的なロスもありました。

 

「これまで培ってきた経験とノウハウを生かして、自社のブランド力を高めていきます」と森光さん

 こうした課題を解消するため、法面落石防護工事をワンストップで行えるように体制を整え、これまでの足場の設置・撤去だけでなくすべての工程を自社でできる法面落石防護事業に進出することを決意。安芸高田市商工会の支援を受けて経営革新計画を作成し、ものづくり補助金を申請。穴を掘るための機械「インバーターチゼル」を年内に導入する予定です。また、ボウリング工事経験者を中心に人材の確保と育成にも力を入れ、新規事業進出に向けて準備を進めています。

 

 法面落石防護工事事業に参入することにより、収益を強化できるだけでなく生涯雇用の実現が可能に。足場設置工事は重労働であるため、同社では50歳を目安に現場から足場材を管理する「ヤード部」へ配置転換していました。しかし、今後ヤード部だけでは受入人数に限りがあります。落石防護工事は足場設置工事に比べて肉体負担が少ないため、生涯雇用を実現するひとつの手段として期待しています。「若い働き手に定着してもらうためには、会社の中でキャリアプランをイメージできることが大切だと考えています」と代表取締役の森光良彦さん。

 

  小規模事業者持続化補助金を活用してHPを開設し、事業のPRもスタート。新規事業進出に向けて、着々と足元を固めています。

 

○安芸企画

住所/安芸高田市吉田町山手128-68

TEL/0826-43-2233