アクティブニュース

全てみる

お店紹介-ホームサービス植木(安古市町商工会)

[リフォームから新築、不動産まで住宅にまつわるサービスをワンストップで]

安古市町 商工会

「イベントの他にも日帰り旅行やランチ会も企画しています」と植木さん

 昭和59年に安佐南区で創業し、リフォーム、新築、不動産まで住宅のことならなんでもワンストップで相談できる「ホームサービス植木」。性能やデザインに注目が集まりやすい住宅業界ですが、同社では「ヒト」を大切にすることに重きを置いて事業を続けています。

 

 お客様に対しては、生活スタイルや家族構成、年齢など様々な条件を考慮して、プロとして最適なプランを提案。スタッフには自己成長を実現できる職場環境を提供したり、一緒に住まいづくりに携わるパートナー業者に対しては、お客様を中心にフラットな関係を維持して互いに切磋琢磨できる環境を整えたり、地域住民には清掃作業やイベントを通じて、信頼できる“ご近所さん”であり続けたり。大切にする「ヒト」は同社に関わる全ての人です。

 

 

 

昨年の夏祭りのようす。たくさんの人が参加しました

 

 ホームサービス植木では、創業以来ずっと大切にしている3つのことがあります。ひとつは、『施工エリアを広げないこと』。エリアは安佐南区の一部のみ。エリアを絞ることで、移動時間の短縮が図れるだけでなく、お客様の“困った”にすぐに対応できるメリットも。「私たちが目指すのは会社を大きくすることでなく、長く続けていくこと。そのためには「生涯顧客=リピーター」を増やすことが最も大切だと考えています」と代表取締役の植木繁之さん。2つめは『アットホームな存在であること』。年に数回、OBや近所の方を招いたイベントを開催し、バーベキューやかき氷、流しそうめんを振る舞ったり、カープ戦の観戦チケットが当たるビンゴ大会などを無料で行っています。声をかけてもらいやすい、身近で信頼できる存在であること。それが同社の願いです。3つめは『高いプロ意識を持った集団であること』。スタッフにも積極的に資格取得にチャレンジしてもらい、お客さまの幅広いニーズに応えられる企業を目指しています。

 

 代表取締役の植木さんは平成27年に父から事業を承継しました。「多くの事業所が事業承継の問題を抱える中、私も悩んだ一人。スムーズにいかない大きな原因は、親子のコミュニケーション不足だと思います。互いのことが全く分かっていなかったんです」と植木さん。

 

自身の親子関係を綴った「アンタッチャブル-父と息子の事業承継物語-」

 事業を継承するまでの体験談を赤裸々につづった「アンタッチャブル-父と息子の事業承継物語-」は、事業承継を控えた親子だけでなく、親子関係に悩む子世代、親世代からも多くの支持を集めています。植木さんが小学生の時の想いから始まり、当時の子と父の心の動きを交互に追っていく内容。「互いのことを知らないことが、お互いを嫌ってしまう理由。この本をきっかけに子世代には『親父を誘って飲みに行こうか』と思ってほしいし、親世代には、『たまには飲みに連れて行ってやるか』と思ってもらえたら最高です」と話します。

 

 今後は、出版を機に本には書ききれなかった想いやポイントを伝える講演会を親子で開催したいと話してくれました

 

 書籍は市内の書店などで購入可能です。「なんだか親子関係がうまくいかない」「親(子)が何を考えているか分からない」、そんな悩みを抱えた方にぜひ読んでほしい一冊です。

 

○ホームサービス植木

住所/広島市安佐南区安東1-1-34

TEL/0120-3434-21

営業時間/8:00~17:00

定休日/第2、4土曜、日曜・祝日

HP/https://hs-ueki.com/