アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-株式会社東洋建設(五日市商工会)

[補助金事業を活用して赤外線サーモグラフィ―カメラ付きドローンを導入し、新サービスを展開]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

ドローン操作する川口さん

 昭和56年7月に一般建設業、屋根工事業、二級建築士事務所として設立された「株式会社東洋建設」。平成18年9月に事業継承を行い、翌19年から“クラフトガーデン”のブランド名でエクステリア、外構工事をスタートしています。広島市佐伯区五日市町下河内に事務所と倉庫、作業場を構え、「地域のみなさまに必要とされる会社でありたい」をモットーに、より良い商品と工事・サービスを提供しています。

 

 建設業界は新築工事の市場が縮小する中、リフォーム市場が注目されていますが、新規参入者の増加により業者間の競争は激化しています。佐伯区内には築30年以上の住宅が多く、屋根修理や雨漏れ修理の依頼も多い地域。最新技術を使用して、雨漏れの原因や破損個所を外部から特定するサービスが展開できないか…。同社は、他社に先行して取り組みたいと考えていました。

 

 そこで、この地域ではまだ取り入れられていない最新の検査機器「赤外線サーモグラフィ―カメラ付きドローン」を導入。iPadで操作し、屋根の状態を手元の画面で確認することができます。さっそくこのドローンを活用して、空から撮影した映像をもとに、雨漏れ・断熱不良・隙間風などの原因を特定するサービスを開始しました。ホームページでドローンサービスを告知したところ、新規顧客から多くの問い合わせや注文がありました。代表取締役の川口博英さんは「最新機器の導入には費用負担が大きな課題になりますが、補助事業を有効に活用させていただいたことにより、売上の回復を図ることができました。補助金の相談をしたい時、商工会が力になってくれました」と話してくれました。

新サービスを告知したホームページ

 

○株式会社東洋建設 

住所/佐伯区五日市町下河内101

TEL/082-926-2623

営業時間/9:00~17:00

定休日/土日曜・祝日

HP/https://www.toyo-kensetsu.co.jp/