アクティブニュース

全てみる

「倉橋お宝フリット」リーフレット完成!(呉広域商工会倉橋支所)

[倉橋島の新郷土料理「倉橋お宝フリット」の提供店舗とその魅力を発信]

セミナー・プロジェクト

呉広域 商工会

 瀬戸内海に浮かぶ倉橋島。ここで新たな名物となる郷土料理が誕生しました。その名も『倉橋お宝フリット』。フリットとは洋風天ぷらのこと。食材は、倉橋島の各地域で獲れる「のうくり(シロサメ)」、ガラエビ、ネンブツダイなど地元で昔から食べられている魚介や名産のお宝トマト、ジャガイモなどの旬の野菜を使用しています。衣は、倉橋島ブランドのちりめんを使用した風味豊かな「燻製ちりめん衣」とちりめん衣にチーズをプラスした「チーズちりめん衣」の2種類を用意。すりおろしたレモンの皮が入ったさっぱりとしたレモンのタルタルソースでいただきます。

 

 「倉橋島お宝フリット」の開発のきっかけは、平成30年7月に起こった西日本豪雨災害。倉橋島も大きな被害を受けました。「島外から人を呼び込み、故郷を元気にしたい!」そんな想いから、呉広域商工会がプロジェクトチームを立ち上げ、新郷土料理の開発がスタート。開発のキーマンとなったのは、広島にゆかりのある樫村仁尊シェフ。東京・代官山にあるイタリアンレストラン「falo(ファロ)」のオーナーシェフで、「広島に恩返しをしたい」との想いから、島民と一緒にメニュー開発に携わりました。

 

 使用する魚介や野菜は、地元の漁師や農家の協力を仰ぎ、“流通過程でサイズが不揃い” “収穫量が少ない”などの理由から市場で取引されない『未利用食材』を活用。生産者の後押しにも繋げていきたいと考えています。

 

 「倉橋お宝フリット」は、3月から島内8つの飲食店や宿泊施設で提供されます。提供開始を前に、倉橋お宝フリットの魅力や提供店などが掲載されたリーフレットが完成し、2月7日より配布がスタートしました。リーフレットは下記のリンクからダウンロードできるほか、各種イベントなどでも配布予定。掲載店でご当地食材の魅力が詰まった、新郷土料理をご堪能ください!

 

リーフレットはこちら

 

  • お問合せ 呉広域商工会 倉橋支所 TEL 0823-53-0030