アクティブニュース

全てみる

「令和元年度 基調講演・事例発表大会」開催(呉広域商工会)

[基調講演や事例発表大会から経営のヒントを学ぶ。クレワングランプリは「大人のレモンケーキ」が受賞]

呉広域 商工会

基調講演に登壇した江川氏

 1月23日(木)、呉広域商工会が主催する『基調講演 事例発表大会』が開催されました。このセミナーは同商工会が伴走型小規模事業者支援推進事業の一環として実施したもので、今年で6回目。小規模事業者への様々な施策や支援制度の活用事例、伴走型支援による業務改善状況等の発表を行い、経営のヒントにしてもらうとともに、首都圏への販路開拓支援状況の共有化や「人」「企業」「支援機関」の連携強化に取り組んでいます。

 

事例発表のトップバッターを務めた株式会社ベテリナリーサイエンスの和田氏

 

 

 第1部の基調講演には、有限会社エーケンテックの代表取締役の江川政典氏が講師として登場。「リスク管理の取り組みをチャンスに変えていこう!」と題して講演を行いました。江川氏は冒頭、一昨年大きな被害に見舞われた豪雨災害に触れ、BCPの重要性を熱弁。「全てのリスクに対して対策を練るのではなく、この地域で一番起こりやすいリスクについて考えておくことが大切」と話し、まずは『何が起きたのか(自社の被害や災害による自社影響)』『何が足りないのか(人、モノ、カネ、情報』『何をしなければならないのか』の3点を明確にすればいいとアドバイスしました。さらに新しい認定制度『事業継続力強化計画認定制度』の概要も丁寧に解説。「税制の優遇や補助金の加点などの支援策に活用でき、ぜひチャレンジするべき」と力を込めました。

 

クレワングランプリ受賞の喜びを語る秦氏

 第2部では3つの支援機関が支援内容を説明。事例発表大会では、株式会社ベテリナリーサイエンスの和田伸行氏、五社本家の五藤俊二氏、株式会社クレセントの秦利宏、マルミツの上田靖氏、株式会社三四五屋の濱本護氏、もとすえオーチャードの本末満氏、sea side cafe ALPHA の天本雅也氏の7名が新商品開発や販路開拓、補助金活用等の成功事例を発表しました。

 

 最後は今年度、都市圏のテストマーティングにおいて、消費者評価、バイヤー評価ともに優秀な成績を収めた事業者に贈られる『クレワングランプリ』の授賞式を実施。第2回となった今回は株式会社クレセントの「大人のレモンケーキ」が受賞しました。