アクティブニュース

全てみる

お店紹介-DE LA MER 焼き菓子店(広島安芸商工会)

[基本を大切にしながらも自分たちらしさを大切にした個性豊かな焼き菓子がずらり]

事業所・店舗紹介

広島安芸 商工会

ベーシックな焼き菓子からここでしか味わえないものまでバラエティ豊か

 細い坂道を登り詰めた突き当り。こんなところにお店があるのかと戸惑ってしまう。そんな場所に、今回紹介する焼き菓子専門店はあります。築50年の民家を改装した趣ある店内に並ぶのは、常時15種類の焼き菓子たち。タルトやガトーショコラなどの常時5種類の生菓子も販売しています。

 

 クッキーやマドレーヌ、フロランタンなどの定番はもちろん、焼き菓子ではちょっと珍しいラベンダーバニラのムラングなど個性を出したものまでバラエティ豊か。向島のレモンやライムを使ったものなど、広島らしさが光る焼き菓子も人気です。

 

「個性のあるお菓子を作りたい!」と新谷知紀さんと早苗さん

 お店を営む新谷さんご夫婦は、お二人とも広島市内のホテルでパティシエとして活躍。退職後、今年10月1日に念願のお店をオープンしました。伝統的なお菓子作りの基礎を大切にしながら、遊びやオリジナリティをプラスした焼き菓子は、口コミで人気を集めています。

 

 「ホテルに勤めていた時は、当たり前ですがあらかじめ決まったお菓子を作るのが日常。ここでは、今はこのフルーツが美味しいから使いたいなとか、今までできなかったことが実現できるのが楽しくてうれしい」とご主人。

 

現しにした天井や柱を残した趣ある店内

 お店に入って最初に目に飛び込んでくる大きなテーブルは、100年前に作られたフランスのアンティーク。焼き菓子を飾る1点もののお皿も、奥さまが昔から独立を夢見てコツコツを集めてきたものです。店の内装やディスプレイにもお二人のセンスが光ります。

 

 「最初は若い世代の方がメインの顧客になるのかと思っていたのですが、オープンしてみると子どもが小銭を持っておやつを買いに来てくれたり、年配の方もたくさん来てくださいます」と奥さま。「どこにでもあるお菓子じゃなくて、ここでしか食べられないお菓子を少しずつ増やしていきたい」とお二人は話します。

 

11月30日(土)には、石内ペノン(広島市佐伯区五日市町石内6500-1)で開催される『おひさまマルシェ(11:00~15:00)に出店。12月8日(金)にも広島トヨペットのショールーム『CLiP HIROSHIMA』(広島市中区東千田町1-1-18)で開催される『センサリーサーカス』(10:00~15:00)にも登場します。お近くの方はぜひこちらでお店の味をご堪能ください。

 

 また、X’maxケーキの予約もスタート。フルーツタルトと苺のタルトの2種類で、それぞれ15cm(4400円)、18cm(4950円)の2サイズを用意。お電話にて受け付けています。予定数に達し次第締め切りとなりますので、ご注文はお早めに。

 

 広島安芸商工会では創業支援として、海田町の補助事業「海田町の魅力づくり推進補助金」の申請をサポート。今後も伴走型の支援を実施していく予定です。

 

○DE LA MER 焼き菓子店(ドゥラ メール やきがしてん)

住所/広島市安芸郡海田町畝2-8-16

TEL/082-559-5180

営業時間/9:30~18:00

定休日/水曜ほか不定休