アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-五日市醤油製造株式会社(五日市商工会)

[県連の助成金を活用して新ラベルを製作。他商品との差別化に成功]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

醤油屋のカシューナッツはひろしま夢ぷらざで販売中

 大正9年創業の老舗。五日市唯一の醤油屋さんです。ここで製造される醤油は、塩分控えめでまろやかな味わいの健康志向。濃口、淡口、だし醤油、刺身醤油など、約40種類もの醤油を手掛けています。昔ながらの製法で作る醤油に本みりんと鰹節のうま味を加えただし醤油『あまんじゃくしょうゆ』や魚屋と2年の歳月をかけて完成させた瀬戸内の魚専用の刺身醤油、味付けに醤油を使ったオリジナルのカシューナッツ醤油豆など、創業から100年を迎える今も、続々と新商品を生み出しています。

 

 魅力的な商品を次々と開発しながらも、そのPR方法に苦戦していた同社。平成15年に発売を開始した「あまんじゃくしょうゆ」は、冷ややっこや玉子かけごはんのかけ醤油としてだけでなく、薄めて天つゆにしたり、酢やゴマと合わせればドレッシングにもなる万能調味料です。「だしが効いて、かけるだけ、簡単、手間いらず」。しかし、スーパーなどの陳列棚ではずらりと並ぶ他社商品との差別化が難しく、パッケージで魅力を伝えようといろいろ詰め込み過ぎた結果、逆に特徴が伝わりにくいデザインになっていました。

 

3つのデザイン案から決定した新パッケージ(上)

 こうした課題を解決するため、新パッケージのデザインに、広島県商工会連合会の特産品支援事業を活用。プロにパッケージデザインを依頼する費用の2/3の助成を受けることができました。平成30年秋に完成した新パッケージは、目を引く赤をベースに、五日市商工会の公式キャラクター『あまんじゃくくん』をどアップにしたユニークなデザイン。文字はできるだけ入れず、『鰹節と本みりん使用のだし醤油!』とシンプルに特徴を伝えています。また、自社商品の販路開拓には、ひろしま夢ぷらざを活用。カシューナッツ醤油豆が、コンスタントに売上を伸ばしています。

 

 代表取締役の免出満雄さんは「パッケージデザインの良し悪しは、なかなか私たちでは判断が難しいところ。何が悪くて、何が必要なのか、じっくりと考えながら満足のいくデザインに仕上げることができました。これからも商工会を頼りにしています」と話してくれました。

 

○五日市醤油製造株式会社

住所/佐伯区五日市中央1-14-15

TEL/082-921-0050

営業時間/9:00~17:00

定休日/土日曜・祝日

HP/marugoshoyu.jimbo.com/

このサイトを広める