アクティブニュース

全てみる

『平成30年基調講演・事例発表交流会・クレコレ バイヤーズ商談会』開催 (呉広域商工会)

[事例発表や商談会など、新たなビジネスチャンスが満載。基調講演では値上げの極意を伝授]

セミナー・プロジェクト

呉広域 商工会

基調講演を行った辻井啓作氏。

 1月23(火)、呉森沢ホテルにて呉広域商工会主催の『平成30年基調講演・事例発表大会・クレコレ バイヤーズ商談会』が開催されました。このセミナーは、販路開拓支援事業の一環として実施しているもので、今年で4回目。『基調講演』『事例発表大会』『商談会』の3部構成で、参加事業者同士のマッチングや新商品の開発支援、販路開拓などをサポートしています。

 

 第1部は基調講演。有限会社ともえ産業情報の代表で中小企業診断士の辻井啓作氏が『小さな会社・お店のための値上げ技術』をテーマに講演を行いました。辻井氏は、大手証券会社、中小企業支援機関を経て独立。現在は、中小企業分野の調査と支援を行っています。“値上げ”を通じて企業の利益確保、体質改善を図る支援を得意としています。

 

 辻井氏は値上げをするのに大切なのは、「まず事業者自身が値上げを決意すること」と述べ、“値段がわからない商品を扱うこと”、“全員に売ろうとしないこと”、“自分だったら買いたいと思う商品を扱い、自分だったら買わない値段をつけて売ること”など、値上げのポイントを伝授しました。最後には「値上げの極意は“勇気”」と締めくくり、値上げに様々な理由で躊躇している事業者たちの背中を押しました。

 

 第2部の事例発表では新商品の開発、新規事業の成功例、補助金の活用例として、(有)浅野屋建設の和田伸行さん、(株)三四五屋の濱本護さん、上神農園の上神てるみさん、(有)石野水産の石野智恵さん、sea side café ALPHAの天本雅也さん、広熊ジビエ専門の栗田比佐美さん、(株)瀬戸プレスフーズの上田耕士さんの7名が発表を行いました。

 

7名の事業者が事例発表を行いました。

 その後、公益財団法人くれ産業振興センター、広島県ブランド推進課、(財)ひろしま産業振興機構、せとうちskipデジタルマップ実行委員会の各プレゼンターより、支援施策・制度について説明も行われました。

 

 第3部は地域内の量販店、都市圏の百貨店バイヤーを招いて行われた消費展示会・交流会・個別相談会を開催。参加者たちは、新たなビジネスチャンスを求めて、積極的交流し、PRや情報交換を行っていました。

このサイトを広める