アクティブニュース

全てみる

「佐伯軽トラ市」第2弾開催

小瀬川沿いの緑あふれる環境の中、前回とは違った雰囲気の朝市を繰り広げる

地域イベント

佐伯商工会青年部

動画で見る

「佐伯軽トラ市」第2弾開催

▲廿日市市内外から17の事業所、団体が出店して開かれた前回の「佐伯軽トラ市」。

 

今年度2回目となる佐伯商工会青年部主催の「佐伯軽トラ市」が、11月13日(日)に廿日市市津田の岩倉ファームパーク芝広場で開かれることが決まりました。同商工会青年部が地元の農業後継者グループ“佐伯農業者クラブ”の協力を得て、先月初めて開催し、市内外から多くの買い物客を集めた朝市の第2弾。同商工会青年部は、「前回を上回る多くの出店とたくさんの来場を待っている」と呼びかけています。

 

軽トラックの荷台で地元の特産品などを販売する朝市。地域住民の足が遠のく中心市街地に活気と賑わいを呼び戻そうと、今年度の「広域商工会青年部活性化事業(提案公募事業)」を活用して同商工会青年部が企画したもの。

 

前回は市内外から17の事業所、団体が出店。各出店者が軽トラック、軽自動車の荷台を売り場にして、農産物や加工品、工芸品、手づくり品などさまざまな商品を販売しました。出店者たちの威勢の良い呼び込みの声が響き、新鮮な農産物や掘り出し物を目当てに訪れた買い物客でごった返すなど、会場一帯は朝から大賑わいを見せました。同商工会青年部は前回を上回る20店舗以上の出店を見込んでいて、「初回の成功をバネに、規模と内容をいっそうグレードアップさせたい」と意気込んでいます。前回行ったアンケート調査では、新鮮な農産物の出品を求める声が多かったことから、買い物客のニーズに応えて満足度をさらに高めようと、地元の生産者などに広く出店を呼びかけることにしています。

 

軽トラックの荷台を利用して、開催時間内で地域の特産品などを販売することが可能な人であれば、誰でも出店できます。出店料は1台につき1,000円。新鮮な農産物や海産物、加工品はもちろん、手づくり品、衣料品、生活雑貨などを持ち込んで自由に販売してください。なお、危険物や医薬品類、アルコール類、金券類、食品衛生法に基づく営業許可の対象となっていない加工食品などの販売はできません。

 

今回の会場となる岩倉ファームパークは、小瀬川の清流と森林に囲まれた緑豊かな環境で、前回とはまた違った雰囲気の朝市が楽しめそう。「この機会に佐伯地域の魅力的なスポットを知ってもらうと同時に、青年部の取り組みを多くの人に認知してもらい、来年度以降の定期開催につなげていきたい」と同商工会青年部の炭本亮部長。休日のレジャーを兼ねて出かけてみるのもいいかもしれません。

 

佐伯軽トラ市の開催時間は午前8時から同10時。たくさんのご来場お待ちしています。

 

●お問い合わせ/佐伯商工会 TEL(0829)72-0690

 

佐伯商工会のホームページはこちら

このサイトを広める