アクティブニュース

全てみる

青年部主催のセミナーを開催

青年部員と同世代で活躍する元気な講師を招き、地域を活かす経営手法を学ぶ

セミナー・プロジェクト

世羅町商工会青年部

青年部主催のセミナーを開催

▲同世代で活躍する山根氏の講演には、経営に役立つヒントがいっぱいです。

 世羅町商工会青年部は、3月4日(水)に世羅町商工会にてセミナーを開催しました。

 

 このセミナーは、景気低迷下で生き残りを模索する経営者に経営のヒントを掴んでもらおうと、同商工会青年部研修部会が企画したもの。講師に尾道市を中心に居酒屋やカフェ、ラーメン店など13店舗を展開する有限会社いっとくの代表取締役、山根浩揮氏を招き、「地域を活かす経営手法とは」をテーマにした講演を行いました。この日集まったのは青年部員、町内外の若手経営者・後継者の23名。今回初めて、女性2名も参加しています。

 

 尾道生まれの山根氏は、19歳の時に自宅で古着屋を始め、22歳で尾道駅裏に居酒屋「遊食楽酒いっとく」をオープン。現在はバラエティ豊かな13店舗を経営しています。食材へのこだわりもひとしおで、地元農家との連携を大切にしながらも、野菜や米などを自分たちで作る農業にも挑戦。自社で使用する米のすべてを自社栽培することを目標にしています。

 

 セミナーで山根氏は「人のためにやっていることが商売につながる」と話し、様々な具体例を挙げながら地域の特色を活かしたビジネス戦略の大切さを説明。ユーモアを交えた軽快なトークで参加者の笑いを誘っていました。参加者も、同地域で活躍する同世代の経営者の話に興味深々。時折メモを取りながら熱心に聞き入っていました。

 

 講演終了後に行われた質疑応答は、積極的な質問が飛び交い、予定時間を大幅にオーバーして30分以上行われました。参加者からは「とても参考になった」「地域に根差すことの大切さを学んだ」などの感想も寄せられ、充実した時間を過ごした様子。キラキラと目を輝かせていた参加者の表情が印象的でした。

 

 講演後には懇親会も開催され、参加者同士交流を深めていました。

●お問い合わせ先/世羅町商工会 TEL(0847)22-0529

世羅町商工会のホームページはこちら

このサイトを広める