アクティブニュース

全てみる

「備後物産展」開催します!

備後地域の旨いもの・隠れた逸品が一堂に集結。バラエティ豊かな商品を取り揃え

クローズアップ商工会

4商工会連合

「備後物産展」開催します!

 3月14日(土)、15日(日)の2日間、福山サービスエリア(上り)と小谷サービスエリア(下り)にて、「備後物産展」が開催されます。このイベントは備後地域の4商工会と西日本高速道路SHD(株)が連携して行われるもので、今回が初の試み。お馴染みの特産品から新商品まで、備後の魅力がたっぷりと詰まった物産展です。

 

 福山サービスエリアには、世羅町商工会、沼隈内海商工会、上下町商工会、神辺町商工会の4商工会から9つの事業所が出展。

 

世羅町商工会からは世羅牛の串焼きなどを販売する「峠の駅」と世羅町産の食材を使ったパンが好評の「サヴァーレ」、冷凍保存でお土産にも最適な“クリームもち”を販売する『サンマルク』がエントリー。沼隈内海商工会からは、「文屋」が種類豊富な地元瀬戸内の珍味、「(有)たかの」が独自開発した秘伝のソース“ビンゴソース”を販売します。

 

 神辺町商工会からは、広島発の風呂敷ハンドや職人技が光るこだわりの雑貨を販売する「(有)アルファ企画」と創業150年の老舗和菓子屋「谷口屋」が登場。上下町商工会からは、「神石エコファーム」が手作りソーセージやピザ、「農事組合法人 南農産」が新作の“イチゴ餅”をそれぞれ販売します。

 

 また、小谷サービスエリアでは、世羅町商工会の「三波羅」が広島県産牛の世羅牛丸焼きやコロッケなど、「世羅きのこ園」が“松きのこ”、福山の「夢石庵」が豆腐などを販売します。

 

 今回の物産展は、世羅町商工会の三谷指導員と沼隈内海町の藤本経営指導員が中心となって企画。藤本指導員が定期的に勉強会を開いているグループ「商工会の将来を考える会(将考会)」の呼び掛けにより、若手経営指導員が連携して実現しました。

 

 藤本経営指導員は「サービスエリアと商工会が連携して行う事業をきっかけに、販路開拓の良きパートナーとして今後も連携しながら事業所の支援に繋げたい。また、若手経営指導員に販路開拓の方法を学んでいただきたい」と話します。

 

 また、当物産展の中心的な役割を果たした三谷指導員は「会員事業者のテストマーケティングができる場所ができたことが大きな成果。こうしたイベントを通して、実績を積んだりスキルを磨いていけば、いずれ百貨店でも通用するような商品になる」と力を込めました。

 

 「自分自身も事業者とともに学びながら、サービスエリアの常設に向けて尽力したい」と話すのは神辺町商工会の岡田経営指導員。上下町商工会の井上経営指導員は「今回の出展を機に商品のブラッシュアップを図り、適正な売価を求めることができた。「農事組合法人 南農産」が販売する “イチゴ餅”は、今回が初お披露目。広範囲の消費者の意見が聞けることは、事業者にとってとてもいいこと」と話します。

 

 また、西日本高速道路SHD(株)の安部功二さんは「サービスエリアを地域に貢献できる場所にすることが私たちの目標のひとつ。地域の隠れた逸品を紹介する場を提供することは地域貢献に繋がり、さらに利用者の満足度向上に繋がる」と話し、今後も商工会と連携しながらイベントを継続していきたい考え。地域の小規模事業者を支援する商工会と地域貢献を目指すサービスエリアがタッグを組んだ初のイベントに期待が高まります。

 

 物産展は10時より開催。どの商品も各商工会オススメの品ばかりです。14日(土)、15日(日)の2日間は、ぜひ福山サービスエリア(上り)と小谷サービスエリア(下り)へお出かけください!

 

●お問い合わせ先/世羅町商工会 TEL(0847)22-0529

このサイトを広める