アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-広島県布野オーストリッチ株式会社(三次広域商工会)

[県内唯一のダチョウ農園。低カロリーで高タンパクのダチョウ肉の知名度アップに奮闘]

事業所・店舗紹介

三次広域 商工会

「農園の敷地内にカフェを開くのが夢」と益田さん

 『広島県布野オーストリッチ株式会社』は、県内ではここだけという食肉専門のダチョウ農園。飼育したダチョウの生肉や生ハムなどの加工品を近隣市町のレストランや道の駅などに卸しています。鶏肉のほとんどが白身肉なのに対して、ダチョウの肉は赤身100%で牛肉に近い色合い。低カロリー、低脂肪で高タンパク、高鉄分、ミネラルやビタミンも豊富に含む優れた食材です。食感は色味と同様に牛肉に似て柔らかく、まったくクセもありません。

 

 ダチョウ肉専門の農園が誕生したきっかけは26年前。代表の益田さんが、テレビでダチョウ肉が食べられることを知り、興味を持ったことから始まります。すぐにダチョウ肉が食べられる愛媛県の食堂を訪問し、料理を堪能しました。「とても美味しくて、ダチョウ肉の虜になりました」と当時を振り返ります。その後、日本オーストリッチ協会に入会し、ダチョウの飼育などについて勉強。団体職員として30年間勤めた職場を早期退職し、ダチョウ飼育の先進地、飛騨高山で1年間経験を積みました。その後、広島県に戻って創業し、現在に至ります。「ダチョウ肉の魅力はたくさんありますが、シンプルにその美味しさを知ってほしい」と益田さんは話します。

 

 ダチョウ肉を使った料理は「道の駅 ゆめランド布野」敷地内のレストラン「カフェ陽だまり圭の助」で味わえるほか、「川の駅 常清」や「君田温泉 森の泉」、「セブンイレブン広島布野店」ではサラミ、ジャーキー、生ハムなどの加工品も販売しています。また、昨年は県内の商工会が中心となって開催した「いいもの発見!ひろしま物産展」にも出展。山陽自動車道小谷サービスエリアで販売したサイコロステーキと串カツは、最多で1日200本以上を売り上げる大ヒットとなりました。

 

「カフェ陽だまり圭の助」で提供されているダチョウ肉のサイコロステーキ。その他、串カツやカレー、生ハムのピザやサラダなどもあります

 今年度は新商品の開発にも着手する予定。「カフェ陽だまり圭の助」でも提供されているダチョウカレーのレトルトを考案中です。昨年12月には、生産性を高めるため100羽が飼育できる建物を新設するなど、事業を拡大中。益田さんは「食肉だけでなく、皮の加工品や羽の加工品など、ダチョウの可能性は無限大。生産性を高めて、もっと多くの人にダチョウの魅力を知ってほしいです」と力を込めます。

 

 一度食べればやみつきになるというダチョウ肉。まずは「カフェ陽だまり圭の助」でバラエティ豊かな料理をお試しください。

 

●お問合せ/広島県布野オーストリッチ株式会社 

      TEL 0824-54-7222