アクティブニュース

全てみる

お店紹介-用品名酒センター(五日市商工会)

[オリジナルブランド“元祖金持本舗”で開運祈願したお酒やお米、羊羹など様々なグッズを展開中]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

金持ちブランド強化のための新パッケージと新商品『金持米』

 明治44年創業の老舗酒屋。創業以来、地域密着を第一にお酒を提供していきました。酒類の他、島根県産仁多米や広島県産こしひかり、魚沼産こしひかりなど厳選した米も販売。注文が入ってから精米するため鮮度は抜群。精米具合は5分、7分、9分など選択でき、ヘルシーで栄養価の高いお米が楽しめます。また、コイン通りに造幣局があることにちなんで立ち上げたオリジナルブランド“元祖金持本舗”では、店舗屋上の金持稲荷大社で開運祈願したお酒やお米、羊羹などの様々なグッズを展開中です。

 

 米の販売は近隣の米屋の廃業に伴い、事業を引き継いで4年前から開始。譲り受けた精米機や石抜きの機械はとても古いもので、これだけでは安全性を確保することができませんでした。選別機はなく、10㎏の米を30分かけて人の目で選別。安全性の確保と作業の効率化を図るためには、新しい設備の導入が不可欠でした。導入に必要な費用は200万円以上。なかなか導入に踏み切ることができず、気を使いながら販売する期間が長く続きました。

 

事業承継補助金を活用して購入した精米機

 以前、小規模事業者持続化補助金を活用し、金持ブランド商品のパッケージを製作した経験から、昨年商工会が開催した同補助金の説明会に再度参加。50万円の補助が受けられることが分かりましたが、やはり自己負担が大きいと感じ躊躇していました。そこで商工会は、代表が変わって3年以内の事業所を対象とした事業承継補助金を紹介。同補助金の上限額は200万円です。申請に必要な書類の作成も商工会と一緒に行い、無事に採択されました。晴れて平成30年に新しい精米機・選別機を導入。現在は自信を持って提供できるようになったお米の、販路開拓に努めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗屋上の金持稲荷大社

○用品名酒センター株式会社

住所/佐伯区五日市4-18-18

TEL/082-921-0027

営業時間/9:00~22:00

定休日/なし

HP/www.rakuten.ne.jp/gold/kanemochi/

このサイトを広める