アクティブニュース

全てみる

空き店舗を活用したギャラリー運営

クローズアップ商工会

向原町商工会

空き店舗を活用したギャラリー運営 安芸高田市向原町の向原町商工会では、地元の向原町商店街の空き店舗を活用したギャラリー「向原ふれあい館」を平成13年7月に開設し、運営を行っています。ギャラリーの設置は、商店街の活性化と空き店舗対策の一手法として計画したもので、消費者に商店街を身近に感じてもらうこと、商店街ににぎわいと活気を呼び戻すことなどが狙いです。

 ギャラリーの設置にあたっては、金物屋を廃業した空き店舗を借り上げ、店舗の内装工事は職員の手で行いました。ベニヤ板の張り付けや塗装、スポットライトの設置など、業務の合間をぬって開設工事を行い、約1週間かけてギャラリーを完成させました。いちばん苦労したのは、築百年余の建物の雰囲気を損なわずリフォームすること。仕上がりは上々で、従来の和風建築の趣を残しながら、空き店舗は商店街に合ったギャラリーへと生まれ変わりました。

 商工会と商店街の事業者などで運営委員会を組織し、1か月から2か月のローテーションで展示替えを行い、常に新鮮な展示活動をめざしています。 これまで絵画や写真、木彫、ちぎり絵、和紙工芸品、パッチワークなど、町内の芸術家や創作活動に取り組む人たちのさまざまな作品がギャラリーを彩ってきました。「買い物の合間にほっと一息つける場所」などと訪れる人たちの評判もよく、なかには展示作品を譲ってほしい、買い取りたいといった声が寄せられたこともありました。

 当初は、旧向原町民および町出身者に対して、作品展示の機会を提供していました。合併により安芸高田市となったことで、市域全体の芸術家や創作家に作品展示を呼びかけ、日ごろの創作活動の成果が気軽に発表できる、市の文化活動を積極的に支えることのできる場としての役割を果たすことが重要ではないかと考えています。商工会では今後、主体性をもって芸術、創作活動に取り組む多くの市民に、展示場所の提供を行います。展示者が自ら展示から撤収まで行うことになりますが、作品の展示や飾りつけなども楽しみながら、自らの作品を常設して多くの人に発表する場として利用してもらいたいと思います。開館時間は午前9時30分から午後6時。原則として休館日はありません。詳しくは、商工会までお問い合わせください。

●お問い合わせ/向原町商工会 TEL(0826)46-2227

向原町 商工会
正田 建二

このサイトを広める