アクティブニュース

全てみる

『おもてなし交流事業』で愛媛県女性連が東広島市豊栄町を訪問      (広島県央商工会)

[広島県央商工会女性部がオリジナルのプチマルシェでおもてなし]

セミナー・プロジェクト

広島県央 商工会

ランチを食べながらテラスで行われた交流会の様子。

 全国各地の女性部同士が交流を図り“絆”を深めることにより、新たなネットワークを広げることなどを目的に、平成24年度から全国商工会女性部連合会が実施している『おもてなし交流事業』。女性部だからこそ知っている地域の魅力を取り入れた『おもてなしプラン』を全国の商工会女性部から募集し、そのプランを活用した交流事業を推進しています。

 

 県内で唯一『おもてなしプラン』を作成している広島県央商工会女性部。平成29年6月に初めてお迎えした福岡県の芦屋町商工会女性部のみなさんには、会員事業所のトムミルクファームで搾乳やバターづくり体験などを盛り込んだ体験型のプランを用意しました。同年の秋には佐賀県の佐賀市北商工会女性部もこの事業を活用して豊栄町を訪問しています。

 

同商工会が開催している人気イベント『セントルマルシェ』のプチ版を実施。

 今年6月7日(木)には、第3回目となる『おもてなし交流事業』を実施。愛媛県女性連から役員12名と事務局1名の計13名が豊栄町を訪れました。広島県央商工会女性部からは20名が参加。同日、中央地域協議会の会議が行われていたこともあり、三原臨空商工会、黒瀬商工会、安芸津町商工会、大崎上島町商工会の部長も応援に駆け付けました。

 

 今回のおもてなしのテーマは『マルシェ』。会場となったトムミルクファームに、カラフルな旗が飾られたテントを並べ、雑貨や地域の特産品、地元で人気のパンなどを販売したり、木工体験やハーブを使った虫よけスプレーづくり、スキレット(鉄製プライパン)の調理体験などのワークショップを開催しました。賑やかで楽しい雰囲気に、愛媛県女性連のみなさんもみんな笑顔に。女性部同士の交流も深め、互いに楽しい時間を過ごしました。また、事業の助成金を活用した500円分の買い物券を配布すると、愛媛県女性連のみなさんはとても喜んでお買い物をされていました。

 

 同女性部には、早くも秋に岡山県から『おもてなし事業』の依頼がきています。次のおもてなしプランも県央の魅力いっぱいになること間違いなしです。

 

 ●お問合せ/広島県央商工会TEL 082-437-0180

このサイトを広める