アクティブニュース

全てみる

経営支援事例ー山猫コーヒー(五日市商工会)

[老朽化して何が書いてあるか分からなかったテント看板を、補助金を活用してリニューアル]

事業所・店舗紹介

五日市 商工会

 厳選した豆を自家焙煎したこだわりのコーヒーを提供する喫茶店。ペーパードリップで丁寧に淹れたコーヒーは香り高く、上質な豆の持つコクや甘味を存分に感じさせてくれます。現在、店を切り盛りするのは、オーナーの息子の菅原拓哉さん。調理師免許を持ち、スイーツや軽食などのメニューも増えました。また、コーヒー豆の販売もあり、お店の味が自宅で気軽に楽しめるのも魅力です。販売するコーヒー豆にはすべて焙煎日が記載されており、常に新鮮な豆の提供を心掛けています。「いつまでもここに暮らす人たちの憩いの場でありたい」と菅原さんは話します。

 

 オーナーである父から息子に事業継承する上で課題となったのが売上の確保。当時、拓哉さんの生活を支えるまでの売上は確保できていませんでした。その要因は積極的な広報活動を行ってこなかったこと。店舗に設置したテント看板は老朽化が進み色褪せ、文字も判読不可能な状態。実際、来店したお客様からは「なんのお店か分からず入りづらかった」との声も寄せられていました。また、カフェブームにより周囲に出店が相次いだことで、他店との差別化を図る必要もありました。

 

カッコよさも追及した新テント。

 商工会に相談したところ、持続化補助金でテントの新設ができると知った拓哉さんは、職員と一緒に事業計画書を作成。採択を受け、まちに映えるスタイリッシュなテント看板を設置しました。テントには『自家焙煎珈琲店』『豆販売』『配達』『発送』『くつろぎ喫茶』など、お店が何をしているかが一目でわかる文字を記載。常連客だけでなく、以前から興味はあったが入れなった通行人の取り込みも狙います。また、積極的に行っていなかった広報は、まず五日市商工会会報からスタート。会員紹介コーナーで写真とともにお店の魅力を紹介しました。

 

○山猫コーヒー

住所/佐伯区五日市中央2-8-11
TEL /082-923-1511
営業時間/8:30〜18:00
定休日/火曜

このサイトを広める