アクティブニュース

全てみる

『白木産葉物野菜生産者と飲食業者の実演セミナー』開催(高陽町商工会)

[実践を交えてインスタ映えする料理の盛り方、写真の取り方を伝授。すぐに使える小技が満載]

セミナー・プロジェクト

高陽町 商工会

講師を務めた大本紀子さん。

 2月7日(火)、高陽町商工会にて『白木産葉物野菜生産者と飲食業者の実演セミナー』が開催されました。同商工会では、平成27年11月に認定を受けた『経営発達支援事業』の一環で、白木産葉物野菜を管内飲食店で活用してもらい、地産地消を推進する取り組みを行なっています。今回のセミナーもそのひとつ。生産者と飲食業者の交流の場、勉強の場として実施しているもので今年で、2回目になります。当日は飲食業、農業者、流通業、小売業など幅広い14の事業所が参加しました。

 

 第1部は講演会。フードプランナーやナチュラルフードコーディネーターなど多岐に渡って活躍する大本紀子さんから、SNSを活用したPRの手法や効果的な写真の撮り方などについて学びました。大本氏は、日本テレビ系列 “ヒルナンデス”で第3代レシピの女王に輝いた実力の持ち主です。

 

 大本さんは、インタスタグラムなどSNSの活用法などを、一通りスライドを使って説明した後、実際に器や野菜を使って参加者に盛り付けてもらい、写真に撮ってもらいました。器の形、バックの色など、様々な条件で野菜の見え方がどう変わるのかを実例をもとに解説しました。大本氏は「少量なら浅い器を使う」「沢山の種類を盛るとゴチャゴチャする」「全部写さず、見る側の想像力かきたてる」など、一人ひとりの盛り付けを丁寧に解説。どうすれば美しく、映える写真になるかも合わせて伝授していました。参加者たちは大本さんの一言一言に驚いたり納得したり。積極的に質問が飛び交うなど、終始和やかな雰囲気で進行しました。

 

参加者が盛り付けた野菜に、大本さんは丁寧にアドバイスを行なっていました。

 第2部は意見交流会。参加事業者が自己紹介をした後、事務局より昨年から始まったこのプロジェクトの報告があり、意見交換なども行われました。

このサイトを広める