アクティブニュース

全てみる

お店紹介―御手洗昭和館(呉広域商工会)

[レトロな駄菓子やおもちゃが約5000点。子どもの頃の記憶がよみがえる心揺さぶる博物館]

事業所・店舗紹介

呉広域 商工会

懐かしのグッズであふれかえる店内。1階は駄菓子やお菓子玩具、文具など、2階はおもちゃを中心に展示されています。

 江戸時代、風待ちや潮待ちの港町として栄え、今もなおレトロな街並みが残る御手洗地区。ここに、新しい観光スポットが誕生しました。江戸時代末期の建物を改修した店は、その名も『御手洗昭和館』。昭和30~40年代を中心としたレトロな駄菓子やお菓子、玩具、文房具、おもちゃなどを展示した施設です。

 

 所狭しと並ぶアイテムは、すべて店主の関藤さんの私物というから驚き。「市役所職員として働いていた時、地元の街並み保存地区に華を添えられればとレトロなグッズを集め始めたのが約20年前のこと。観光案内所などに飾って、観光客の方に楽しんでもらおうと思っていたのですが、レトロなグッズは調べれば調べるほど奥が深くてどっぷりとその魅力にはまってしまいました」と笑います。

 

 店内にはこれまで集めたコレクション約1万点の中から、選りすぐりの5000点を展示しています。訪れた人の中には、あまりの懐かしさに歓声を上げる人や夢中になって1時間以上出てこない人もいるとのこと。レトロな街並みで出合う、レトロなアイテムたち。きっとあなたの心をくすぐるアイテムに出合えるはずです。駄菓子やおもちゃは少しですが販売も行っています。

御手洗を観光の際は、ぜひお立ち寄りください。

 

江戸時代末期に建てられた建物の趣をそのまま残す博物館。「どの世代も楽しんでいただけますが、特に50代、60代には喜んでいただけると思います」と店主の関藤一暁さん。

 呉広域商工会は同店の創業支援から呉市の“島の賑わい拠点公募事業”への申請をサポート。引き続き、経理や労務関係を継続的に支援していく予定です。

 

◯駄菓子屋玩具ミュージアム 御手洗昭和館

住所/呉市豊町御手洗233

電話/0823-66-5005

営業時間/10:00〜17:00

定休日/火曜、年末年始(火曜が祝日の場合は翌日)

入館料/一般300円、小中学生200円、未就学児無料

このサイトを広める