アクティブニュース

全てみる

お店紹介-フードショップたけだ(安芸高田市商工会)

[“体に優しい”をコンセプトにした商品が徐々に増加。店独自の魅力を発掘中]

事業所・店舗紹介

安芸高田市 商工会

「まだセレクトした商品は少ないですが、これからどんどん増やしていきたいです。作り手の考えがしっかりとある商品を探しています。情報があれば、ぜひお寄せください」と森本さん。

 JR向原駅構内の駅ビル『ラ・ポール』1階に位置する『フードショップたけだ』。食料品や日用品を揃え、地域の人や駅を利用する人々にとって欠かせない存在です。

 

 約40年間店を切り盛りしてきたのは、竹田さんご夫妻。しかし、昨年、高齢や体調不良を理由に、後継者を探していました。今年3月まで安芸高田市の地域おこし協力隊として活動していた現店主の森本真希さんがその話を聞き、事業承継を申し出ました。森本さんは安芸高田市商工会のサポートを受け、今年6月から店主として店を引き継いでいます。

 

 「祖父母の家が安芸高田市の吉田町にあり、この地域は週末や夏休みによく遊びに来ていた思い出の場所。結婚を機に東京で暮らしていた時も、7年前に広島市に戻ってからも、ずっとここで暮らしたいという夢を持っていました」と森本さんは話します。

 

 事業承継を行ってから3ヶ月。店内には、これまでの食料品や日用品に加え、森本さんがセレクトした県内産の食材が増えてきました。「より近くで作られたもので、体に優しいもの集めていきたい」と力を込めます。「子育て世代や高齢者にも受け入れてもらえる厳選した商品を並べることで、大型スーパーとの差別化を図ることもできる。“この店にあるものなら安心”と言ってもらえるお店にしていきたいです」と目を輝かせます。

 

 9月1日(金)には、店内で『第1回調味料を考える会』を開催予定。今回のテーマは“醤油”です。いつもみなさんが家庭で使っている醤油と、大豆、食塩、小麦のみのシンプルな素材で作られた醤油を使って切干大根を作り、訪れた人に食べ比べてもらおうという試み。

 

 今後は塩や砂糖などにもスポットを当て、月1回のペースで開催していく予定です。大型スーパーにはない、この店だけの魅力を求めて。森本さんの挑戦は始まったばかりです。安芸高田市にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

 

向原駅ビルにあります。

●フードショップたけだ

TEL/0826-46-2614

住所/安芸高田市向原町坂37-4

営業時間/9:00~19:00

定休日/日曜

このサイトを広める