商工会からのお知らせ

全てみる

年頭挨拶 広島県商工会青年部連合会 会長 植田悠司 

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年あけましておめでとうございます。旧年中は商工会青年部に対し、格別なるご支援、ご指導を賜りましたことに対し、心より感謝申し上げます。

 昨年の日本経済は緩やかな景気回復基調と言われておりましたが、地域に根付いた中小企業、個人事業主には、人材不足、後継者不足、事業承継問題など様々な課題があり、まだまだ景気回復とは言い難い1年でした。

 そのような環境で、商工会青年部員はわずかではありますが増加しており、対外的な繋がりや持続化補助金など経営に直結する情報、地域の活性化などの必要性を感じる若手経営者、後継者が徐々に増えてきたと自負しております。

 我々と致しましても先輩から繋ぎ教えて頂いたネットワークと情報力を活かし、多様な目的を持って入部されておられる全ての部員の皆さんに対し、必要で有益な情報を発信し続けることも大きな使命の一つであると考えています。

 さて、平成30年は戊戌(つちのえいぬ)の年です。過去の戊戌年では、皇太子とはじめて民間から選ばれた美智子様の婚約や1万円札の発行、日本最初の政党内閣である大隈内閣発足など、新しい変化が始まり形になっていく年と言われています。

 広島県商工会青年部連合会では平成30年11月21・22日に全国大会広島大会を開催させて頂きます。

 この全国大会を次代へ繋ぐ節目の大会とすべく、○(Wa)~和我技笑話環~というテーマのもとで、郷土、家業、家族を改めて見つめ直し、業種、地域を超えた交流の輪が広がるよう、今までとは変わった様々なチャレンジをおこなう予定です。

 その他の事業においても○(Wa)をテーマとし、歴代から次代へ繋いでいく地域、事業そして家業が永続的に共生していく一助となるべく邁進してまいりますので変わらずご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 結びに本年が皆さまにとって良い変化を巻き起こし、更なる飛躍、発展の年となることを祈念申し上げ、年頭の挨拶とさせて頂きます。

 

平成30年 元旦

このサイトを広める